2018年03月16日

吉安裕史が選ぶ注目ニュース【つくば 梅の花】

吉安裕史が選ぶ注目ニュースをご紹介します。
つくば市の筑波山梅林で、梅の花が見頃を迎えています。4日は、強い日差しの晴天の中、大勢の見物客でにぎわいました。
つくば観光コンベンション協会によりますと、今年の開花は、厳しい寒さで例年よりも1週間ほど遅れ気味だそうです。現在は3、4分咲き程度で、来週末ごろに満開になりそうだそうです。標高250メートルほどの筑波山の中腹約4.5ヘクタールには、約30種、約1000本の梅が植えられています。同時に「筑波山梅まつり」も開催されており、21日までの期間中、梅茶のサービスや、筑波山名物のガマの油売り口上などが楽しめます。
見ごろになった梅の花を楽しむ人たちで賑わいをみせていますので、お近くの方は行ってみて下さい。風情ある梅の花に癒されてください。

参照元:http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201803/CK2018030502000140.html



吉安裕史が選ぶ注目ニュース【つくば 梅の花】

タグ :吉安裕史


Posted by 吉安裕史 at 15:02│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。